« 意外と近い場所にあった(笑) | トップページ | やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 »

2008年1月15日 (火)

【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦4)

ついに延長戦が4まで延びてしまった。こうなると、サドンデスである(笑)

国会図書館でも、まだ、閲覧できないかもしれない。(『帝都東京・隠された地下網の秘密』新潮文庫、P28)

この言葉がずっと引っかかっていたのだ。

L874は都立中央図書館にあった。タイトルは、「東京」ではなく「市川」だった。

L774は国立国会図書館にあった。いくらTokyoと検索しても、「東京・神田間の地下鉄」を記した地図は見つからなかった。

地下のオカルト作家・秋庭俊先生は、自著の中で公文書館をよく出すが、掲載されている資料のうち公文書館に行かなければならない資料は1つもない。間違いなく、国立国会図書館か都立中央図書館で閲覧できるものだ。

「GHQ」と題した地図も、両図書館で閲覧できた。

両者に共通することがある。それは、閲覧はできても、貸し出しはできない。著作で使いたければ、コピーしなければならない。

秋庭先生は、まだ一度も、カラーのL874、L774を掲載したことがない。カラー版のムックも出しているのに。

それは、本人が実物を手に入れていない証拠でもあるし、何より「閲覧はできても、貸し出しはできない図書館」でコピーしたことを表している。

つまり、見つからなかった地図も、両図書館にあるはずだ。

延長戦で見つからなかった地図は、L774の一部である。

必ずあるはずだ。

オイラは、国会図書館で、「L774 ichikawa」と検索してみた。

1件、ヒットした。

L774i1秋庭本のファンなら、よくご存知の地図である。くどいようだが、本物はカラーである。

最初に掲載されたのは、『帝都東京・隠された地下網の秘密』だった。

オイラが初めてこの図を見たときには、驚愕した。本当に極秘地下鉄があるのだと興奮したものだ。オイラは「東京地下鉄道」と言えば、地下鉄以外考えられなかったし、当時はGHQの地図だという思いこみがあったからだ。

くどいように繰り返すが、この地図はGHQの地図ではない。

「AMS-L774」は、最近になって公開された。終戦後五十年を過ぎたことで、いま、アメリカでは当時の極秘資料が次々に公開されていた。(『隠された地下網』新潮文庫、P245)

本当にくどくて申し訳ないが、この地図の所蔵印を見ると、

38.7.31

とあった。

昭和38年7月31日に国立国会図書館の蔵書に加わったのである。「最近になって公開された」という事実はない。

この地図のタイトルは、こうである。

CENTRAL HONSHU 1:50,000
EDITION 4-AMS(FEC) ICHIKAWA
SHEET 6054 2 L774

L774i5 この地図に3つの矢印をつけた。

一番左の矢印の先には、「TOKYO SUBWAY RAILROAD」とある。

中央の矢印の先、一番右の矢印の先にも、「TOKYO SUBWAY RAILROAD」とある。

こんな重大な事実を、秋庭先生は自著で隠蔽している。中野坂上の「東京地下鉄道」と同じ論理で考えるなら、この2カ所にも極秘の地下鉄が走っていたと書かないと矛盾する。そう書かないのは、書くと捏造がバレてしまうからだとオイラは妄想している。

L774i2これは、中央の矢印の部分を拡大したものだ。

確かに「TOKYO SUBWAY RAILROAD」とある。

今、この道路には地下鉄は通っていない。

これだけの重大な事実を書かないのは、何か意図があるとしか思えない。

秋庭先生は何を隠しているのだろうか。

L774i3 ここにも、「TOKYO SUBWAY RAILROAD」とある。

先に書いた「東京地下鉄道」のルートをのばした先で、荒川にぶつかる。ここで荒川を渡ったあと、このルートがある。

「EDOGAWA LINE」とも記されている。

鉄道に詳しい人なら、もうピンと来た人が多いのではないだろうか。

そうなのだ。この中央と、右にある「TOKYO SUBWAY RAILROAD」は、戦前の城東軌道線のルートなのである。陸上交通事業調整法で東京市に買収されるまでの間、東京地下鉄道が運行していた時期がある。路面電車なのだ。

もっとも、城東軌道線は、錦糸町から東の路線で、神田・東京間を営業していたという記録はない。だから、神田・東京間の「TOKYO SUBWAY RAILROAD」は確かにおかしいと言えば、おかしいのだ。

だが、この記述の誤りを見る限りにおいては、「地下鉄」を記しているのではなく、会社名としての「東京地下鉄道」を記していることは分かるだろう。

この地図が作成されたのは戦後だから、東京地下鉄道はすでに存在していない。AMS(旧米陸軍地図局)は、戦前の資料をもとにして、この地図を作成したものと見られる。

では、神田・東京間の誤記は、ただの誤記なのだろうか。

L774i4 「KITA-KU」と記された場所の下に「CAR LINE」とある。ここは、山手線が走っているルートで、路面電車が走っていたというのは聞いたことがない。

「KITA-KU」の少し上のほうをご覧いただきたい。

「YAMATE LINE」とある。記号は路面電車になっている。路面電車が走るはずの場所を、山手線が走っている。

この地図、信憑性に欠けるのだ。

万一、地下道を利用して天皇や皇太子が奪取されれば、再び、戦火を交えるという事態も否定できなかった。GHQにとって、地下の真実を公表するメリットはほとんどなかったのではないか。(『帝都東京・地下の謎86』洋泉社、P52)

ならば、地図なんかに書かなければ良い。地下鉄が走っていない場所にわざわざ「SUBWAY」などと書いたら、極秘地下鉄があることがバレバレである。秋庭先生の主張通り、GHQが暗号で「隠された地下網」を地図に記しているとしたら、この地図はずいぶん大胆だ。

改描というのは、本来あるものをなくしたり、ないものを書き記すから意味がある。あるものをあると書いたら、改描の意味がない。

これで「GHQの地図」は完全に制覇したと思う。

2008年の宿題にするつもりが、1年の24分の1が過ぎた時点で終わってしまった。

オイラは、夏休みの宿題を8月31日にやったタイプである。

そろそろ年の瀬?(笑)

ここまで読んでいただいた方は、もう、GHQと言われても、恐くもないし、驚かないはずだ。

秋庭先生は、手軽にジャーナリスト気分に浸れる方法を教えてくれたのだと思う。

真実はけっして明らかにならない。

秋庭本を読んでいると、資料の単語や記号に反応し、政府の陰謀だ、陸軍の仕業だと、手の届かないものに触れたような感覚を持つ。真面目で正義感がある人ほどだまされやすい。ちょうどオウム真理教の非科学的な教えに、一流の科学者たちが熱狂したのと同じように、オカルトへとハマっていく。

そんなオカルト感覚を楽しみたいのであれば、それは自由だ。

でも、マジになってハマっているのだとしたら、ちょっとヤバい。

自らの手で資料に触れてみるのが一番だと思う。

もちろん、公文書館など行かなくて良い。都立中央図書館と国立国会図書館、この2館で十分、秋庭先生のしっぽは捕まえられる。

いや、この瞬間も、そこにいるかもしれない。

秋庭系東京地下物語'07《初恋》

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

延長戦1 延長戦2 延長戦3 延長戦4

|

« 意外と近い場所にあった(笑) | トップページ | やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 »

秋庭系東京地下物語2007」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
CENTRAL HONSHU 1:50,000 EDITION 4-AMS(FEC) ICHIKAWA SHEET 6054 2 L774
ですか、L874が
CENTRAL HONSHU 1:25,000 SECOND EDITION(FEC)
ICHIKAWA SW SHEET 6054 ⅡSW AMS SERIES L874
L874では右側余白に空中写真撮影ソーティー(sortie)の記録がありますが、L774のソーティーとほぼ一致しているのではないかな?
その撮影行ですが、1944年11月から1945年4月でしょう。勝負にならなかったとは言え、敵の本拠地を空撮ですよ。第一、サイパンとか、テニアンとか、成都とかから飛んで来るだけでも命懸け。1943と44年の情報部門報から日本読みをローマ字で入れてるし。タップリ金と命と手間の掛かったこの地図、やはり1952年になっても殆ど変わらない内容で二版が出ただけのことありますね。つまり、この時期5万も2万5千も、L774とL874が基準地図って言うか、他に種類はなかったと思うのですが。
しかも初版の刊行時期1945としか書かれてませんが、絶対戦前(笑 と言うか、8月15日以前だと思いますよ。それを諜報の地図?じゃー正規の地図はなんと言うシリーズだったのか?秋庭さんにはその説明の手札が無いと言うか、思いも拠らない事なんでしょうね。

投稿: 陸壱玖 | 2008年1月16日 (水) 00時16分

どうもです。

秋庭さんは、まさかこの地図を誰かが手に入れるとは思ってもいなかったのだと思います。「極秘」だとか「陰謀」だとか書いておけば、普通の人は探そうとしないから。

順番はこんな感じじゃないでしょうか。

都立中央で「東京占領地図」を見つける(開架)。→都立中央でAMS-L874を見つける。→国立国会でAMS-L774を見つける。

AMSという発想がどこから来たのか分かりませんが、米軍とか地図とかいろいろと検索したんでしょうね。

米当局にキーをたずねたというのは大嘘でしょう。キーも何も、米国にはこの地図が諜報という認識すらないのだから、仮に聞いたとしても、「ない」と答えるしかない。

最初の1冊でやめておけば、ここまでほじくられることはなかったのだと思います。オイラも、ほじくらかなっただろうし。

>秋庭さんにはその説明の手札が無いと言うか、思いも拠らない事なんでしょうね。

なんせ、取材源が2つの図書館だけですから(笑)自分で歩いて取材すればともかくとして、これじゃあ、手札がないし、思いも拠らないですよね(爆)

投稿: mori-chi | 2008年1月16日 (水) 12時37分

久々にコメントさせていただきます。コンビニで買った「不思議ナックルズ」にジャーナリスト秋庭俊氏のインタビューが掲載されてましたよ!撮影はサンシャインの地下みたいですが…ご本人はずいぶんと枯れたご様子(笑)。プロフィールの昭和11年生まれの誤植はひどいです(^^ゞ

投稿: こぐまりあん | 2008年1月24日 (木) 02時20分

どうもです。

オイラも読みました。インタビューをしている側も、されている側も、企画の滑稽さに気づいていないところが、痛面白いです。

「異能者の日常」って(笑)

いきなりオカルト扱いじゃん(爆)

投稿: mori-chi | 2008年1月24日 (木) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/17705777

この記事へのトラックバック一覧です: 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(延長戦4):

« 意外と近い場所にあった(笑) | トップページ | やっぱり違う、ドラマ『ハチミツとクローバー』 »