« 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第1話)地下鉄南北線東大前駅から始まった恋 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第3話)「GHQが作成した地図」に惚れた恋・その2 »

2007年12月31日 (月)

【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第2話)「GHQが作成した地図」に惚れた恋・その1

オイラは、秋庭俊先生のことを「地下のオカルト作家」というレッテル張りしている。ここまでの認識に到達するには、いくつかの壁があった。

秋庭俊先生は、確信犯か否か。

言っていることが荒唐無稽であることは、前回の例を読んでいただければ分かるだろう。でも信者からすれば、それでも荒唐無稽な諸説の中にひとかけらでも真実があるのではないかという望みを残しているのではないだろうか。

秋庭先生の著作に、何となく信憑性のようなものを与えているネタがある。

それは、「GHQの地図」。

某有名作家がへんてこりんな体験談をネットに載せたものだから、ますますGHQというと、いかにも何かを隠しているように思えてくる。

君は知らないだけだよ。

そう言われると、そうかもしれないと思ってしまうのだ。

しかも、GHQ・連合軍最高司令官総司令部である。いくらネットが発達した世の中でも、そんな極秘資料なんぞに手が届くはずがない。・・・『隠された地下網の秘密』を手にしたときオイラはすでに「信者」という鎖を断ち切った後だったが、こればかりは自分では解明できないものとばかり思っていた。

が、オイラは、そのすべてに迫ることはできなかったが、秋庭先生の言うところの「GHQの地図」が何たるかは、ようやく分かってきたような気がする。

秋庭先生の著書の中には国立公文書館や都立公文書館がよく登場する。だが、今年1年検証してきたように、公文書館がなければ手に入らない資料など、ほとんどない。

隠された地下網の秘密を示した資料は、ほとんどが都立中央図書館東京室と国立国会図書館で入手可能なものである。

特に都立中央図書館東京室は、おそらく、かなり通いこんだと見られる。

もしも検証を試みたい方がいらっしゃるなら、都立中央図書館東京室で『東京市会議事速記録』を閲覧してみてはいかがだろうか。

1つ1つの資料を紐解いて、都立中央図書館では手に入らなかったのが、中村順平『東京の都市計画を如何にすべき乎』と、GHQの地図である。

『東京の都市計画を如何にすべき乎』は、国立国会図書館で閲覧することができた。後に東大の図書館や神戸市立図書館でも閲覧可能であると知った。

【秋庭俊先生応援企画】『帝都東京・隠された地下網の秘密』がトンデモ本って、マジっすか?5

では、GHQの地図は?

国立国会図書館には占領軍関連の資料がそろっているが、その中に秋庭先生が著作で紹介している地図は見つからなかった。

いったい秋庭先生は、どこでその地図を入手したのか?

こればっかりは、米国の公文書館なのではないか。

そんなことを考えながら『隠された地下網』を読み返していた。

すると。

戦後五十年を過ぎた頃から、アメリカでは極秘資料の期限が次々に切れ、いま、占領関係の情報が公開ラッシュを迎えている。これはそのなかの新着の一枚であり、国会図書館でも、まだ、閲覧できないかもしれない。(『帝都東京・隠された地下網の秘密』新潮文庫、P28)

国会図書館?

何故秋庭先生はここでわざわざ国会図書館を出したのだろうか。

まるで秋庭先生の示す資料が国会図書館の所蔵であるかのような書きっぷりだ。読者は秋庭先生の著作を、一応「ジャーナリズム」として受け入れようとする。ジャーナリストなら取材の裏付けを積み重ねて真実にたどり着こうとするはずだ。それがまさか、図書館で閲覧して原稿を書いているなんて、読者は最初から想定していない。

犯人しか知り得ない事実

聞いてもいないのに、犯人が「私は殺人現場にはいなかったですよ」と口走る。

オイラはこれまでの流れを振り返ってみた。引きこもりオカルト作家・秋庭先生は、公文書館でしか手に入らない資料など、まったく使っていなかった。図書館の資料を巧みに盗用し、仮説を捏造しているだけだった。

GHQの地図だけが例外のわけがない。

オイラはそう思いながらも、そこから先への手がかりを探れぬままに2007年の年末を迎えようとしていたのだ。

もしかしてこれは、国会図書館にある、ということではないだろうか。

国立国会図書館憲政資料室

確かに国立国会図書館の憲政資料室には、占領期資料がある。ただ、この資料を検索しても、それらしい資料は見つからなかった。これらの資料を閲覧するにはそれなりの学術研究をしている必要があり、ただ見たいだけで閲覧できる資料ではない。

引きこもり作家が、そんな面倒なことをするだろうか。

オイラは、国会図書館の地図室の蔵書検索をしてみた。

“AMS L774”

案の定、ヒットした。しかも、たくさん。

さらに絞り込んでみる。

“AMS L774 tokyo”

数件ヒットした。

・・・実物をお見せする前にちょっと前提の話をしておこう。

AMSというのは、U.S. Army Map Serviceの略称。つまり旧米国陸軍地図局である。

国立国会図書館は、AMSが作成した地図のシリーズを収集している。

この中に、秋庭先生が自著で使用しているL774とL874というシリーズがあるのだ。

シリーズというのは、地図の性格や縮尺が違うと思えばいい。

L874は、日本の主要都市の地図で、すべて25000分の1である。

L774は、日本全体の地図で、すべて50000分の1である。

1つ指摘しておくと、これはGHQが作成したものでもなければ、GHQが作成を指示したものでもない。

旧米国陸軍地図局は、世界中の様々な地図を作成している。L874やL774もその中の1シリーズにすぎない。つまりアメリカが日本の地図を作成した、という以上でも以下でもない。

国立国会図書館の地図室には、旧米陸軍地図局が作成した一連のシリーズで、同図書館が所蔵している地図をまとめたファイルがあって、一覧表になっている。検索してももちろん見つかるのだが、まずはここで全体像をつかむといいだろう。

『帝都東京・隠された地下網の秘密』(新潮文庫)の最後にある「参考文献一覧」をご覧いただきたい。

『TOKYO MAP』「CITYMAP TOKYO」GHQ 一九四八
  同    「AMS-L774」一九五二
  同    「AMS-L874」一九五三

いかがだろうか。何かに気づかないだろうか。「GHQ」が著者とされているのは一番上の地図だけだ。にもかかわらず3つとも『TOKYO MAP』という冠がついている。何故秋庭先生は、下の2つの地図の著者を「旧米国陸軍地図局」と書かなかったのだろうか。

そもそも、AMSの地図に『TOKYO MAP』という冠はついているのだろうか。

まるで3つの地図が同じシリーズであるかのような書き方をしているが、一番上の地図と下の2つの地図では、著作者が異なっている。前者はGHQ、後者は旧米陸軍地図局である。

一番上の地図は、タイトルがまるごと間違っている。秋庭先生が自著で使っているGHQの地図のタイトルは、

CITY MAP CENTRAL TOKYO

である。

つまり、すでにこの段階で3つの「GHQの地図」は、著作権的には違法状態にあるということを指摘しておきたい。

(つづく)

秋庭系東京地下物語'07《初恋》

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

延長戦1 延長戦2 延長戦3 延長戦4

|

« 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第1話)地下鉄南北線東大前駅から始まった恋 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第3話)「GHQが作成した地図」に惚れた恋・その2 »

秋庭系東京地下物語2007」カテゴリの記事

コメント

これ東京ネタかな?

http://www.asahi.com/national/update/0309/TKY200903090145.html

重宝な地図が大量に見つかったんだそうな?

「 注意書きによると、地図は45年3~5月に米軍が撮影した航空写真5枚と、30~40年代に日本陸軍陸地測量部が作った地図、さらに米軍が諜報(ちょうほう)によって得た情報をもとに作られたとある。吾妻橋が鉄製という情報も記されていた。」

さすが朝日きっちり「秋庭さん」してますな(笑

明日(3月11日)の朝刊に載るのだろか?

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月10日 (火) 23時23分

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】

すっかり放置プレイになって申し訳ありません。空襲被害を示すAMSの地図なら、国会図書館や都立中央図書館所蔵の地図で十分、把握できると思うのですが。これが、なぜ、わざわざ3月10日に配信されているのやら。

それにしても、個人的に抱え込んで、マスコミに流していないで、どこかに寄贈して、一般公開できるようにしてもらえないもんだろうか。「持ってるもんね」と自慢されても・・・。

秋庭先生も、見たがっているだろうから(笑)

投稿: mori-chi | 2009年3月21日 (土) 20時09分

>すっかり放置プレイになって
そう言うの嫌いじゃねぇから(ってオードリー若林か(笑

結局大阪本社版では掲載されずでした。広島ネタなら掛かるんですがね。大阪本社エリアだから。
この記事で一番おかしいのは、今回見つかったと言う折角の広島版を使わずに、
=いずれも米テキサス大学オースティン校提供
何で????
秋庭さんが捏造するときの常套句、「~だ。」、「~されている。」、「~という。」のオンパレード。
旭日社お得意の恣意的捏造時節ネタかと思っちまいましたが。本当のところどうなんでしょうね。

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月22日 (日) 09時56分

よほど劣化が激しかったのでしょうか。実物の写真がないというのが怪しいですね。

あの地図から分かることは、「焼き尽くされた浅草」なのか?確かにそれも分かるが、あの地図から得られる情報とは、そんなもんなんでしょうか。

地図を持っている人も、その情報を得た人も、よく分からないまま、「へえーっ」って眺めているだけという印象を受けます。

読み解けていない。

「空襲の結果を検証するには、地図で確認するのが最も分かりやすかったのだろう。米軍による徹底した空襲の威力を改めて感じる」

このコメントが、特に怪しい。あの地図で米軍は、「空襲の結果を検証」したかったのだろうか。あの地図を見て、「米軍による徹底した空襲の威力」など、感じるだろうか。

記事全体に無理があるような気がするのです。

投稿: mori-chi | 2009年3月23日 (月) 23時51分

 何がおかしいって、
「今年1月、朝日新聞に地図の情報を寄せた赤木さんは・・・。」(「」は朝日原文のまま以下同じ)
 つまり、朝日は平成21年1月に地図の所有者の「福岡教育大名誉教授(地形学)の赤木祥彦さん(73)」から情報を得ていながら、以降2ヶ月間でソースとしての地図の複写すら出来ていないと言う奇妙なことになっている。
 しかも、昔2ちゃんでも書いたけど、
 あのAMSの1万2千5百分の1の地図は、テキサス大学オースティン校図書館にあるペリー・カスタネダ文庫の中に、地図コレクションと言うのがあって
http://www.lib.utexas.edu/maps/
 そこの
 ‘Historical Maps’→‘Army Map Service Topographic Map Series’→‘Japan City Plans 1:12,500,U.S. Army Map Service, 1945-1946’
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/japan_city_plans/
 このurlから閲覧できるんだよね。しかもこのfaqを見ると、
http://www.lib.utexas.edu/maps/faq.html#3.html
 ほとんどの図が、複写許諾は要りませんよって書いてあって、素材として使う時は、"University of Texas Libraries"と「クレジットしてくれたらうれしいな」って。つまりダウンロードフリー。
 だから、あのAMSの1万2千5百分の1の地図‘HONJO’と‘HIROSHIMA’が何で「いずれも米テキサス大学オースティン校提供」?「提供」って何だよ?「福岡教育大名誉教授(地形学)赤木祥彦さん提供」ならわかるよ。奇妙すぎるでしょ。
私が「捏造記事じゃないか?」と考える所以です。

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月24日 (火) 22時56分

第一ラウンド投球数制限超えての連投で申し訳ない(笑
ネットを徘徊していたら、こんなキャッシュがあった。
http://209.85.175.132/search?q=cache:rfcr-izMS6MJ:www03.mai.vip.ogk.yahoo.co.jp/area/hiroshima/news/20090115ddlk34040660000c.html+%E8%B5%A4%E6%9C%A8%E7%A5%A5%E5%BD%A6+AMS&cd=5&hl=ja&ct=clnk

ググるなら、「赤木祥彦 AMS」で毎日jpの元「広島市地図:米軍作製、軍施設や道路が精密に 主要建物は形までも」のキャッシュなんだけど、この時点では3000枚。しかもその現物はやはり登場せず?
2ヵ月後の朝日では、枚数だけは4000枚に増加の不思議。ホント秋庭さんみたいに膨らむんですね。
このての記事は。
しかし、3000枚、4000枚って、トルコの地図とか分析してどうすんのかな?

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月25日 (水) 22時09分

うん。毎日新聞地方版のほうが、まだ記事がしっかりしています。

これは、オイラの妄想ですが・・・。

赤木祥彦氏は、AMSの地図を数千枚持っているのは事実でしょう。今年1月の時点で、赤木氏自身が、新聞各社に情報提供をしたものと思われます。毎日新聞の広島支局の記者が、それをネタに取材し、広島地方版に記事を掲載した。

一方、朝日新聞は、社会部が扱っています。3月10日、東京大空襲の日に合わせて、記事を書こうとして、たまたま、お蔵入りしていたこのネタを思い出した。そこで、赤木氏に連絡をとり、こんな記事ができた。

朝日も毎日も、共通するのは、赤木氏本人には電話取材しかしていないということ。おそらく、所有していると言われる数千枚の地図を、記者は実際に手にしていないでしょう。記事にするとき、地図がないと話にならないけど、赤木氏にサイト上で閲覧できることを教えてもらったわけです。

どちらも、赤木氏が売り込んだネタで、朝日と毎日が、電話取材して、ネットから地図を拝借して、独自取材を加えたということでしょうか。

赤木氏が、地図を「分析」しているような書きっぷりですが、オイラには、そこまで高等な作業には思えません。ただの収集マニアで、うんちくを披露しているだけのように思えます。3000枚とか4000枚というのも、赤木氏の書斎にどっさりと積んであるだけで、本人も何枚あるのか分からないのでは?

ネットで閲覧可能なら、所有している意味は、骨董品以上の意味はないですよね。つまり、持っていると自慢したいだけなんじゃないかと思われます。

投稿: mori-chi | 2009年3月26日 (木) 00時20分

誰も見る妄想は同じなんでしょうか。
もちろん事実は色々異なるディテールからなっていることを(お互い)認識の上で、またディテールが見えていないところを「妄想」として書いてますが。

赤木先生は持ってはるんやとは思てます。
http://0845.boo.jp/times/2008/11/29232640.php
せやけど、持て余してはるんと違いますか?
どう扱って(研究して)いいものやら?mori-chi さん書くように、単に「眺めているだけ」みたいですもの。
地図自体の用法だって、想像だけしてちゃだめでしょ。実際の使われ方一つでも研究のしようってものが。都市の「戦争廃墟」の状況は早い時期に地方自治体とあの地図を以って共同していたのではないかとか、戦後史なんか見る上で、色々有ると思うんですがね。
3000枚もあるって事は、秋庭さんの大好きな2万5千、5万、L700、L800番台もある程度揃っている訳でしょ。研究のし甲斐あると思いますよね。「S」や「TA」の字が一直線に揃っているなんてのは論外として(笑

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月26日 (木) 23時38分

自分で抱え込んでいないで、国会図書館なり何なりに、寄贈していただけないもんかと思います。あれを何千枚も自宅に置いて、ぼーっと眺めて、気が向くと新聞社にネタを売り込んで、新聞に載ってご満悦。老後の趣味にしちゃいかんと思いますが・・・。

東京は寒い毎日です。小雪が舞い、しかし、桜が咲き、冬コートを着たり、脱いだり。

投稿: mori-chi | 2009年3月27日 (金) 00時16分

大阪も花冷え。桜はチラホラ咲き。
この寒気で満開が遅れてくれたら、世の新入学の子等が楽しめるのですが。
雪ですか。20年ほど昔4月の始めに雪が積もり、九段坂上で雪見と花見が出来たのを思い出します。
土曜まで寒気が残るようですのでご自愛ください。

投稿: 陸壱玖 | 2009年3月27日 (金) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/17528606

この記事へのトラックバック一覧です: 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第2話)「GHQが作成した地図」に惚れた恋・その1:

« 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第1話)地下鉄南北線東大前駅から始まった恋 | トップページ | 【秋庭系東京地下物語'07《初恋》】(第3話)「GHQが作成した地図」に惚れた恋・その2 »