« 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か7 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラも1杯つきあうよ。 »

2006年4月11日 (火)

東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か8

それにしても、東京の地下は、奥が深い。何気なく歩いている道路には、地下があるようでないし、ないようで、ある。先日、近所を歩いていたら、変電所の近くにある空き地と空き地の間の小道のマンホールが空いていて、ヘルメットをつけた作業員が出入りしていた。その小道を通らないと家には戻れないから、穴に落ちないよう、用心深く通り過ぎた。ふとマンホールの穴をのぞくと、「○×洞道」という表示があった。

この下には、トンネルがある。

畑や空き地が広がる場所である。おそらく、変電所からどこかに向けて、洞道が続いている。・・・・そんな想像をしていたら、秋庭氏に近づいた気がして、ちとぶるった。

ちなみに、このマンホール、この日も夜中だったのだが、たまに夜になると、警備員が小道の両端にいて、真ん中のマンホールのふたが開いている。いったい何をしているのだろうか。

さて、オイラも、しつこい男である。

『帝都東京・隠された地下網の秘密』(洋泉社)

戦前の地下鉄4号線のルートを追いかけていくと、築地川地下駐車場というものに遭遇した。ただ、ここは政府専用の地下駐車場らしく、駐車場マップはおろか、ハローページにも載っていないというレアなものだった。この駐車場には、第一、第二、第三があり、道路と公園の下に延々と続いている。二〇〇〇台から三〇〇〇台の収容能力だろうか。(P108)

これは、オイラの想像でしかないが、秋庭氏は、ここでも大きな勘違いをしている。築地川駐車場は、地下ではなく、地上にある。第一駐車場は、築地市場の本場と場外市場との間にある。第二は、築地本願寺の裏、第三は、築地川公園の北側にある。第二と第三は、中央区が管理しているが、第一は、オイラはよく分からない。もちろん、3つとも、政府専用などではなく、一般の国民がお金を払えば堂々と駐車することが出来る。

収容台数は、2000台どころか、各駐車場その10分の1程度しかない。2000台も車を止めたら、築地周辺の地下は、すべて駐車場ということになってしまうだろう。

築地川は、昔、実際に川が流れていて、戦後に埋め立てられた。かつては、首都高速道路のルートになったこともあったが、計画が変更され、中途半端な状態で、川の痕跡だけが残されている。ここには今、築地川公園がある。桜の季節には、花見もできる。

実は、この築地川公園の地下には、国民が入ることができない空間がある。車が出入りする出入り口が2カ所にあるが、普段は門が閉められている。中は、駐車場ではない。

え?どうして分かるかって?

金網越しに中を覗くことができるからである。この地下空間を管理しているのは、中央区らしい。もちろん、2000台もの車の収容能力はない。

いったい何に使っているのかとか、元々何があったとか、調べようと思えばいくらでも調べることができる。

が、オイラは、ここでやめる。皆さんは、ぜひ現地に行き、金網越しに「政府専用駐車場」を見物してきていただきたい。それ以上の詮索は、必要ないと思う。できれば、秋庭氏ご本人に、自分の想像の正体を、自分の目で拝んでいただきたいと思う。

環状7号線は『大東京街路』計画で建設がスタートした。戦前にはついに完成することなく、オリンピック前にようやくできあがった。ところが、この道路の下に延々四〇キロにわたってトンネルを建設し、神田川の増水を東京湾に流すという。壮大といえば壮大な計画になるかもしれないが、十年に一度、水が走ると、九年と三六四日はガランドウだという。先にトンネルがあったのでなければ、ありえない話ではないだろうか。(P262)

これは、杉並区や中野区で水害に苦しんでいる住民に対する冒涜である。

昨年9月の大水害のとき、環7地下にある貯水池は、第一期工区までしか完成していなかった。それを全部埋めてしまっても、増水は収まるところを知らず、都はついに工事中の第二期工区まで、工事中の機材も置き去りのまま水を流し込んだ。それでも、増水はあふれて、何千世帯もの家が浸水した。

もしも、はじめから東京湾に向けてトンネルが通じているのであれば、水はあふれることなく、東京湾に流れたことだろう。トンネルがなかったからこそ、水は杉並区や中野区であふれたのである。なぜ、あんな住宅街の真ん中に、巨大な地下貯水池が必要なのか、冷静に歴史を振り返れば、「戦前にすでに地下があった」などという馬鹿な想像などできるはずがない。

そろそろ言い訳をしておいたほうがよかろう。熱心な信者に怒られてはいけないから。オイラは、秋庭氏が主張している「国民に隠された地下網」が、まったくのガセネタだとは思っていない。ここまでけっちょんけっちょんにいぢっておいて、ガセネタでない部分はどこなんだと、ツッコミを受けそうだが、どこがガセネタでないかは、読者の皆さんが、自分の力で紐解いてほしい。オイラの方は、「いろいろ、あるんだよ」とでも言うよりほかない。


(関連記事)

東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か?

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34

『新説東京地下要塞-隠された巨大地下ネットワークの真実-』を読む

1 2 3 4 5

『写真と地図で読む!帝都東京・地下の秘密』(洋泉社MOOK)を読んでみた。

『大東京の地下99の謎』(秋庭俊著、二見文庫)を読む

1 2 3 4

|

« 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か7 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラも1杯つきあうよ。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109926/9541232

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か8:

« 東京の地下鉄は戦前にすでに作られていたという噂は本当か7 | トップページ | 眞鍋姉さん、オイラも1杯つきあうよ。 »